胎児・新生児の骨系統疾患

 骨系統疾患は最新の2010年の国際分類では456種類にもなります。これらの疾患には極めてまれなものも含まれていますので、日常的に胎児・新生児で罹患児に遭遇するのは限られた疾患です。特に頻度の多い、1)タナトフォリック骨異形成症 2)軟骨無形成症と軟骨低形成症 3)軟骨無発生症と軟骨低発生症 4)短肋骨多指症候群と呼吸不全性胸郭異形成症 5)屈曲肢異形成症 について記載しました。